誰もが秘めている「才能」を開花し大好きなことを実現しよう Let's Share and Creation!

実現したいことを紙に書いてみる

Advertisement

photo credit: wuestenigel to do list via photopin (license)

「どんなことを実現したい?」

「どれだけ稼ぎたい?」

「何になりたい?」

 

まずはじっくり考えてみます。そして思い浮かぶことを書いてみましょう。ノートや手帳に書いたり、大きな紙に書いて部屋の壁に貼っておくのも良いでしょう。

 

ここで大切なのが「手書きで書く」ということです。GoogleKeepやevernoteに書いていつでも見られるようにするのも大事ですが、手書きで書くという行為はPCをタイプする行為よりも複雑な動きをするという意外な効果があります。

 

Advertisement

手書きで書くことで実現に一歩近づける!?

 

PCでタイプするときは指を動かしているだけですが、手書きをしているときはタイプするときよりも脳の動きが違うのです。

 

なぜなら手書きをするときの手の動きは人それぞれで違いがあるので何万通りも存在します。

絵を描いているときと同じ作用があるのです。

 

~何かを夢見、それをただ空想したり人に言うだけでなく、紙に書き記すという行為はやはり、その実現に至るプロセスに何らかの影響を与えるのではないか、ということである。

~ぼくがリストに手を加え続け、新しい夢を書き足し続けるのも、心のどこかで、この思い願うことの持つ力を信じているからなのだと思う。

「人生の100のリスト」ロバート・ハリス

 

手書きで目標を書くという行為は、実際に泳ぎの練習をするのと同じになるわけだ。本や動画で泳ぎ方をみたところで実際に泳げるようにはならないのと同じことですね。

 

紙に手書きすると脳にしっかりインプットされる。

 

つまり、手書きすることで脳に刺激が行くんですね。さらに「目標を書いた」という実感がわきます。

一度書いた目標を修正することもあるでしょう。その時も後から付け足したり、書いた横や下に修正して書くことでより一層その目標を意識することができるのです。

どんなに小さなことでもいいけど「途方もなく大きなこと」もたくさん書こう!

 

小さな目標をたくさん書くのもいいけど、他人からすればくだらないように見えても「途方もなく大きなこと」もたくさん書こう。

そうすると「そんな目標を実現するにはどうすればいいのか?」という刺激があたえられてより夢の実現に1歩1歩近づくことができるようになるでしょう。

 

大切なのは「脳をフル回転すること」

まずは書くことで人生のリストを作ってみましょう。

 

 

Advertisement
by
WEB作成とプログラマーをやってます。 生まれも育ちも "THE 後者 アスペルガー" です!
心屋仁之助さんの前者後者論を基に誰もが自分を最大限に発揮できる世界を日々実践しています。
プロフィール詳細はこちらから
Follow