Advertisement

WordPressのサーバー移転時に気をつけること。エックスサーバーからMixHostの例

 

年末にこのブログのサーバー移転作業を行いました。

エックスサーバーからMixHostへの移転です。

 

移転作業はいたって簡単。

  1. エックスサーバーからファイル一式をDownload
  2. エックスサーバーからデータベースをDownload
  3. MixHost にドメイン登録
  4. MixHost にデータベースを作成
  5. DownloadしたWPフォルダにあるwp-config.php を新しいデータベース内容に編集
  6. MixHost にエックスサーバーからDownloadしたデータベースをimport
  7. MixHostにエックスサーバーからDownloadしたファイル一式をUPload
  8. LocalHOSTにサーバーIP登録してMixHostにUPloadした内容を確認
  9. LoaclHOSTのサーバーIP登録削除して、ドメインのネームサーバーをMixHostに変更する

参考:WordPressをサーバー移転して引っ越す方法(XSERVER→MixHostの例)via寝ログ

 

なお、私がサーバー移転作業を完了した際、いくつか行わなくてはならないこととドラブルが発生していますので共有します。

 

Advertisement

エックスサーバーでサイトがあらかじめSSL化されている場合、証明書を発行しておく

 

MixHostでは登録するドメインがあらかじめSSL化されるという便利な機能がありますが、別サーバーからドメインを移行した際のSSL有効化に時間がかかるという点があります。

その間はサイトがhttpsアクセスエラーとなり表示されないのでブログによってはアクセス低下の恐れがあります。

それを最小限に抑えるためにSSLなう!を使ってサイトの証明書を発行してMixHostに登録しておきましょう。

 

SSLなう! – ブラウザで手軽に Let’s Encrypt!

導入手順はこちらを参考→運用中のSSLサイトをエックスサーバーからmixhost(ミックスホスト)へ移行するための手順 – コトノハ人生日記

 

WordPressのキャッシュ系プラグインを削除しておく

 

キャッシュ系プラグインが残ったまま移転するとサイトがうまく表示されない恐れがありますので、サイトのダウンロード前に削除しておきます。

また、キャッシュ系プラグインによってはhtaccessに記述が追加される物もあるのでこちらも削除する必要があります。

 

【重要】.htaccessにある記述をまっさらにしておく

 

キャッシュ系プラグインでもそうですが、エックスサーバーにはサイト高速化などの便利な機能もあります。機能によっては.htaccessに記述が追加されるものもあるので移転時にそれらの記述を削除する必要があります。

また、manablogさんにあるプラグインなしでWordPressサイトを高速化する方法【JS・CSS・キャッシュ設定】に.htaccessに追記することでキャッシュを有効化してサイト表示を高速化する方法がありますが、こちらの機能はMixHostと相性が悪いようなので導入を見送っています。

 

これらの記述が.htaccessに残ったままですと、ブログを更新する際に下書きがうまく更新されない・下書きが残ったままになってしまう・ブログ更新がうまく反映されない・メディアライブラリの画像がうまく表示されないなどのトラブルが発生しております。

 

エックスサーバーから移転する方の多くはサイトのSSL化を導入済みだと思いますので.htaccessの記述は以下のような内容でまっさら状態にしておきましょう。(私の一例です)

 

子テーマのfunctions.phpの末端に「閉じタグ」”?>”と余計な改行・スペースは付けない

 

子テーマのfunctions.phpの末端に閉じタグ「?>」と余計なスペース・改行がある状態で移転すると、移転先でWordpressへのログイン画面が真っ白になる・ログインエラーで入れないなどのトラブルが発生しております。

移転後などにログインする際は、子テーマのfunctions.phpの末端に余計な改行・スペース・閉じタグが無いか確認しましょう。

参考:【解決事例】WordPressにログインできない エラー: 予期しない出力により Cookies がブロックされました | ワードプレス・レスキュー

 

WP以外の静的なサイトで画像やサムネイルが表示されない500サーバーエラーがでた場合は?

 

これは私が趣味で運営しているサイトで起こったのですが、静的なHTMLサイトも一緒に移転した際に一部の画像が表示されずリンク元を確認したところ「500サーバーエラー」と出てしまったことがあります。

この場合は該当するページのファイル(私の場合は.php)をエディタで開き、何でもいいのでコードを書き加えるなどして更新をかけてみてください。

こうするだけで画像の表示が元通りになります。

 

以上のような感じで準備したうえで移転作業を行えば移転後のサイトがスムーズに表示されます。移転してドメインが新サーバーに反映されるまで私の所ではHTMLサイトが約30分、Wordpressは1、2時間ほどかかりました。

 

MixHostは価格も安く高速でコントロールパネルも見やすいのでおススメです。

月額480円からのパワフルで高速なクラウドレンタルサーバーのMixHostはこちらから

 

Wordpressテクニック
Advertisement

プログラマーです。メインはWEB作成をやってます。
生まれも育ちもアスペルガー。心屋仁之助さんの前者後者理論を実践しています。
プロフィール詳細はこちらから

ARMDroidをフォローする
ARMDroidをフォローする
Advertisement
ARMDroid BLOG