Advertisement

コミケへ行くのは貴重な時間とお金のムダ使い? 自分の時間を大切にしよう。

Lifehack

 

20代のころ、よくコミケへ行ってました。

でもある時、ふと自分が時間とお金を無駄にしていることに気がついて以来行くのを止めました。

 

気がついたらなんのためにコミケに行ってるかがわからなくなってませんか?

 

Advertisement

コミケへ行くのは貴重な時間とお金のムダ使い。自分の時間を見直してみよう。

 

日本には現在コミティアを含めたくさんの同人誌即売会が存在します。

特定ジャンルなら定期的に開催しているので行く側もサークル側もあまり困ることがないです。

 

なのでわざわざ夏と冬の忙しい時期にコミケに行くメリットが近年感じられなくなっています。

 

お盆休みと年末に開催する意味は? 年末は大みそかにやることも!

 

IlluminatiWatcherDotCom-Bieber-William-ThatPower-2

 

コミケがお盆と年末に開催する理由の一つに「スタッフが集められないから」とか「準備が大変だから」などと言われています。

それなら春や秋に分散させて開催したり、北海道・名古屋・大阪・福岡などでもやったりするのも面白いと思います。

 

日程や地域を分散させれば負担も少なくなると思うだけに、一度に3日続けてやることがもはや無謀となってきてます。

 

ましてや開催を東京ビッグサイトにこだわる理由がわかりません。

 

表現の規制強化と裏腹に年々過激になるコスプレ

 

 

私がコミケに行ってた2006年頃はコスプレのルールが厳しかったのを覚えています。

 

代表的なのが「厚めのストッキングを履いて肌を露出させない(警察からの指導)」などなど。

 

しかしここ最近のコミケはどうでしょう? これでもかってぐらいコスプレが過激になっています。詳細はここに貼れないので下記のリンク先からご覧ください↓

 

Comiket 89 Cosplay Scorching Hot

 

一方、2013年にわいせつ図画頒布容疑でコアマガジンの役員編集が逮捕されて以来、エロ漫画雑誌はもとよりエロ同人誌にも表現規制の波(消しや修正が濃くなるなど)が押し寄せ現在に至っています。

 

同人誌の表現規制がキツくなっている一方でコスプレは過激に?

どのような意図があるのでしょうか?

 

企業ブースは…阿鼻叫喚

 

ここ数年企業ブースの参加企業が頒布・販売する紙袋がとやかく言われています。

あれってなぜ持ってる人たちが悪く言われるのでしょうか?

 

コミケが企業の出品側に「過激な紙袋を配らないように」と一声申し立てれば解決するのですが。

 

売れれば何だって良いでは本末転倒です。

 

シンガポールの漫画家Evangeline Neoさんも海外のコミコンなどと比較して日本のコミケの異常さを描いています。

これを見れば見るほど日本の常識は世界の非常識になってるとつくづく感じます。

 

これはCOOL JAPANではなくHENTAI JAPAN

 

同人誌も半数以上が二次創作の男性向けと女性向け同人誌です。

 

表現活動ってなんだっけ?

 

こちらの同人誌はわたしが初めてコミケに行ったときに手に入れた同人誌で今でも自分の手元に残してある数少ない同人誌です。

左が雑器さんの「おねがい!!薬女ちゃん」。右が鳥取砂丘さんの「遠い国からの手紙」

 

IMG_20160117_023631

 

どちらも島中を廻らないと手に入りません。

 

最近は参加者が男性向けや壁サークル・企業ブースだけに行ってしまうケースがあり、このようなサークルへ寄る機会がなくなってるのではないでしょうか?

 

運営側も創作者も参加者ももう一度「創作活動って何だっけ?」と一考してみては?

と私は思います。

 

Lifehack
Advertisement

プログラマーです。メインはWEB作成をやってます。
生まれも育ちもアスペルガー。心屋仁之助さんの前者後者理論を実践しています。
プロフィール詳細はこちらから

ARMDroidをフォローする
ARMDroidをフォローする
Advertisement
ARMDroid BLOG