誰もが秘めている「才能」を開花し大好きなことを実現しよう Let's Share and Creation!



人を褒めよう「ありがとう」を送ろう

 

多くの人は人のあやまちをことさらにアラ探しをして非難するが、一方で多くの善行を積んでも人は何も言いません。「それが当たり前」だという考えがあるからです。

 

しかし人は褒められたほうが集中して仕事に打ち込み、優れた結果を出すものだろうと思う。

人の長所を伸ばす方法はただ1つ「褒めること」だ。

 

Advertisement

人の「価値」を認めることから始まる

 

相手が何か失敗したとしよう。それでも何か1つでも成功につながることがあるはずだ。だからそれを非難するのではなく「褒める」のだ。そうすれば相手は「自分の価値」が一層認められたと感じるだろう。

 

その一方で褒めることが「お世辞」になってしまってはいけない。

お世辞とは薄っぺらい紙切れのようなものだ。相手に示したところですぐに剥がれてしまうからだ。

 

「人の長所を理解しよう」と努めることで相手を知ることができる。お世辞ではなく、素直な心からの賛辞を送ろう。

普段何気なく通っているスーパーやコンビニの店員からお釣りや商品を受け取る際に「ありがとう」と言ってみるだけでも相手はかなりのものを受け取ることになるのだ。

相手から受けた賛辞は忘れることはないのだ。