Advertisement

情報断食でやりたい事に集中してみよう 3日間だけでも効果的

Lifehack

 

ここ数ヶ月、私はあることに悩んでいました。それはSNSなどの情報との付き合い方です。

 

スマートフォンがあるおかげで一日中情報に触れることが出来ますが、気がついたら依存症にな流かもしれない危険性があります。

 

特に私はFacebookやFeedlyに四六時中触れてばかりでした。

 

さらに悪いことに、ネガティブな情報が流れてくることもあります。

 

特にFacebookではユーザーがシェアする情報にそのようなものが多いものですから、そのようなシェアに遭遇するたびに以前やっていたTwitterみたいにウンザリしていました。

 

 

Advertisement

「これじゃマズイ!」と思い私がやったことは、3日間情報から遮断する生活→「情報断食」です。

 

Facebookとfeedlyを3日間遮断

 

まずはFacebookとFeedlyへのアクセスを遮断することにしました。

メールはさすがにチェックしないといけないのですがこれも夕方の決まった時間だけに行うようにしました。

 

さて、SNSから離れてみるとかなりの時間を無駄にしていることが分かりました。

 

読書が進む!

 

電車内でアプリを起動することがなくなったので読書や英語の勉強がとてもスムーズに進みました。

 

さらにSNSをチェックする必要もないので自分のやりたいことにどんどん集中できるようになりました。

これらをおよそ3日間継続します

 

3日間の情報断食が終わって最初にしたこと

 

さて、身も心もスッキリした状態になったらまずはfeedlyにアクセスしてみてください。

 

All

 

未読の情報がたくさんたまっています。

ここからコンテンツとカウント数を参考に必要のない情報や重複しているコンテンツをどんどん削除していきます。

 

私はこれを行った結果従来の半分ものコンテンツを減らすことが出来ました!

 

次にFacebookです。Facebookにも未読のカウントが出ますが、まずはFacebookグループとFacebookページの削減をしてみましょう。

 

Facebookページは「ページフィード」「すべて表示」から確認できます。

 

1 Facebookページ

 

最後にfacebookユーザーの確認です。

ユーザーとはお友達になると自動的に「フォロー」もされてタイムラインにそのユーザーの投稿が載るようになります。

 

これらの中から自分にとって必要のない情報を流すユーザーのフォローを外すことができます。

 

これでFacebookとFeedlyにあった余計な情報がスッキリしました。

 

まとめ

 

オンライン・オフライン関係なく、一定期間その情報との付き合いをストップすることにより、未読の情報が蓄積します。それらをスッキリした状態で整理する。

 

つまり、情報遮断で自分を省みることができるようになるわけです!

 

ネット上での情報閲覧やSNSにストレスを感じている方は

「3日間アクセスしない」→「整理する」が一番効果がありますよ!

 

Lifehack
Advertisement

プログラマーです。メインはWEB作成をやってます。
生まれも育ちもアスペルガー。心屋仁之助さんの前者後者理論を実践しています。
プロフィール詳細はこちらから

ARMDroidをフォローする
ARMDroidをフォローする
Advertisement
ARMDroid BLOG