VScodeでGo言語の設定がうまくいかないときの対処法【環境変数が原因】

GO言語

Go言語をMicrosoftのVisuaiStudioCodeで運用しています。


VScodeには拡張機能でコード補完・デバッグが気軽にできる機能がありますが、設定が間違っているとこの機能が動作しないことがあります。

主な原因は環境変数の設定にあるので調べてみましょう。

Go
Git
VisuaiStudioCode

をインストールしていること。

GoはC:\Goにインストールしていることが前提です。

環境変数の設定

コントロールパネルから

システム>システムの詳細設定>環境変数へ移動します。

システム環境変数からPathを選択し、編集>新規を押して、以下を追記します。

C:\Go\bin

windowsインストーラーを使用した場合、すでにPathが追記されていることがあります。

次にローカルフォルダからユーザーフォルダへアクセスしてgoというフォルダを作成します。


これはGOPATHのフォルダ場所を設定するためです。

フォルダの場所は任意ですが、ホームフォルダに設定することが多いです。


システム環境変数の新規を押して、変数名にGOPATH、変数値に以下を入力します。

%USERPROFILE%\go

VScodeでGo言語の拡張機能をインストール

VScodeからGoの拡張機能をインストールして、Goのプログラムを打ち始めるとGoのパッケージインストールが始まります。


環境変数の設定が正しければSUCCECCと出て、先ほど作成したgoフォルダ内にできたbinフォルダにパッケージがインストールされています。

これでパッケージとメソッド補完・デバッグができるようになります。

拡張機能のインストールがうまくいかない主な原因は環境変数の書き方が間違っている。フォルダが用意されてないなどが主な原因なのがほとんどなので確認してみましょう。

記事は以上です。

GO言語プログラミング
スポンサーリンク

プログラマーです。メインはWEB作成をやってます。
生まれも育ちもアスペルガー。心屋仁之助さんの前者後者理論を実践しています。
プロフィール詳細はこちらから

ARMDroidをフォローする
ARMDroidをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ARMDroid BLOG