androidstudioをインストールしてADBが起動できるようにする方法【2018年最新版】

android

android端末をROOT化するなどの作業にはandroid studioがあると便利です。さらにコマンドプロンプトからADBを実行できます。

あらかじめインストールしておきましょう。

Advertisement

まずはJAVA SEのインストール

androud studioはJAVAがないと何も始まりませんのでJAVA SE Development kitをインストールします。

Java SE – Downloads | Oracle Technology Network | Oracle にアクセスしてJDKのダウンロードをクリック。該当するOSverを選んでダウンロード・インストールします。

2018年1月現在、ヴァージョンがJAVA SE 9.0.1と8u151/8u152の2つがありますが、出たばかりのver.9に対しver.8が安定版となります。

android studioのダウンロードからインストール

Android Studioからダウンロードします。インストーラーを実行して画像の手順に従います。

セットアップが終わるとandroid studioが起動します。

現在のandroid studioにはSDKが一緒に入ってないのでソフトの初回起動後にSDKのダウンロードが始まります。

SDKのインストール先を指定します。判りやすいようにCドライブ直下をおススメします。

SDKのダウンロードが始まります。

SDKのセットが終わったら環境変数Pathを指定します。これによりコマンドプロンプトからADBが起動できます。

コントロールパネル→システム→システムの詳細設定へアクセスします。

環境変数をクリックします。

変数のPathをクリックし、編集を押します。

新規をクリックして、android SDKのadb.exeが入っているフォルダのURLをコピペします。

先の手順通りなら、Cドライブ直下の「C:¥android¥sdk¥platform-tools」となります。

コマンドプロンプトを起動し、adbと入力して実行します。

以下のような一覧が出れば成功です。

これでコマンドプロンプトからandroid端末へカスタムリカバリやOSを直接焼くことができるようになります。

こちらの記事を参考に最新版でインストールを行いました。

via: Android Studio のインストールからadb起動まで – 脳内まとめ

android
Advertisement
ARMDroidをフォローする
Advertisement
Advertisement
ARMDroid BLOG