Advertisement

「脱先延ばし!」 まずは環境を整えてみましょう

Lifehack

 

私を含めて誰もが「先延ばし」をすることがあります。

 

先延ばしをしないようにするにはどうしたらよいでしょうか?

自分の意志の問題でしょうか?

 

その前に自分の周りの環境を整えてみましょう

 

Advertisement

環境が大事! 「脱先延ばし」への第一歩

 

「先延ばし」に陥ってしまう原因の一つに「めんどくさい」という気持ちがあると思います。

 

実はこの「めんどくさい

あなたのまわりの環境から発生しているかもしれません。

 

もしかしたら、あなたの身の回りに物が散らかっていませんか?

 

自分のまわりを片してみる

 

自分の部屋が散らかっていたり、たくさんのモノにあふれていたら、片してみましょう

部屋のすみや物置きに積まれたものはイヤでも自分の目に入ってしまい、それが「めんどくさい」の気持ちになってしまいます。

 

私も過去に自分の部屋の物置に積まれた雑誌や漫画を見てふと「このままでいいのか?」と「なんかもういいや」という2つの気持ちが交差したことがあります。

 

最初はそれこそ「めんどくさい」と思うかもしれませんがそれでいいんです。

片付けの方法はこちらにもありますので参考にしてみてください。

1日1捨よりも一気に捨てたほうがスッキリする! 「決断する力」をつけよう
久しぶりに部屋の整理をしました。 するとまだまだいらない物がいっぱい出てきて部屋や物置がスッキリしました。 みなさんはどのようにいらない物を捨てていますか? 1日1捨よりも一気に捨てたほうがスッキリする...

 

なぜ自分のまわりを片すことが大事なのか?

 

片づけるのは「自分の部屋」だけではありません。

自分のバッグの中や職場の引き出しやロッカーなども同じです。

 

片付けを利用してそれを「行動」につなげるという効果があるからです。

 

気が進まなくなると、別のことを考えてしまう

 

「片づける」という行動を通じて新しいイメージを作ることができます。

きれいな部屋やきれいなバッグの中身などです。

 

「片づける」という行動がないと、別のことを考えてしまい「片づけ」が終わりません。

 

片づいたら新しいイメージを1つ1つ作っていきます。

それを繰り返すことで今まで先延ばしにしていたことに取り組むことができるようになるのです。

 

うまくいかないときは「失敗」ではなく「フィードバック」

 

もしそれがうまくいかなかったとしてもそれは「失敗」ではありません。

その方法に無理があったり自分に向いてなかったりしただけです。

 

「なぜうまくいかなかったのか?」を思い返してみます。

自分で自分をフィードバックしてみます。

 

そしてまた最初から始めます。

 

片づけで少しづつ変わります

 

数年前の私も部屋にはいらない雑誌や漫画の単行本や深夜アニメを撮ったビデオなどが物置きや本棚に入っていたりして圧縮したような部屋でした。

 

それを少しづつ捨てたり売ったりしてみました。

すると部屋が広くなり、物置きはがらんどうになりました。

 

考えてみれば自分のまわりを片してない状態で「やりたいこと」が「できるわけないよな」とも思えるのです。

まだまだパソコンのHDDの中身やスマートフォンの中やWEBのブックマークなど片せるものはたくさんあるので少しづつ片していきたいと思います。

 

 

Lifehack
Advertisement

プログラマーです。メインはWEB作成をやってます。
生まれも育ちもアスペルガー。心屋仁之助さんの前者後者理論を実践しています。
プロフィール詳細はこちらから

ARMDroidをフォローする
ARMDroidをフォローする
Advertisement
ARMDroid BLOG