誰もが秘めている「才能」を開花し大好きなことを実現しよう Let's Share and Creation!



実はアスペルガーに必要なのは「捨てること」そして「片づけること」だった!【前編】

 

よく「アスペの人はきめ細かいから部屋がきれいで本棚もきちんとそろってるからスゴイね」と思ってる人が多くいらっしゃるようです。が、

実はあってるようで大間違いだったんです。

 

かつての私も一見部屋がキレイなようでよく見ると部屋のすみやベッドの下に雑誌が積んであったり、ため撮りしたビデオテープがあったりと違った意味でモノをためまくりでした。

 

部屋だけじゃありません。PCのHDDの中にも何のためにとってあるのかがわからない画像ファイルやログファイル等がたまっていました。

 

全部「何かの時に必要になるだろう」とか「いつか使うだろう」とそんな気持ちで取っておいたものばかりでした。

 

 

Advertisement

たまるモノが人生を停滞させる!

 

部屋のモノもパソコンのHDDやクラウド上のファイルもたまればたまるほど「自分の中の時間が止まります」

後でみようと撮ったビデオ。後で読もうと積んだ本や雑誌。

それらは「いつか」「いつか…」とどんどん時間を飲み込んでいくからです。

 

さらに厄介なのがアスペは「整理整頓」がきめ細かいのでそれらを文字通り「整理」しちゃいます。

そう。アスペの人は「整理・整頓・収納」にこだわるためにモノをためやすいんですよ!

 

この様な悪循環から脱するためには今までとは違った『片付ける』という発想が必要なんです。

 

「捨てる」を終わらせるために「片づける」。そして「収納」

 

こんまりこと近藤麻理恵さんの『人生がときめく片づけの魔法』は私の様な人に限らず多くの「片付けられない人」や「モノを収納することでごまかしている人」を根底から変えてくれる魔法の片づけ本です。

 

 

この本にはよくある「コツコツ」なんて甘ったるい言葉は出て来ません。

なぜなら片付けは一気にやるものだからです!

 

本書では「一気に片づける」と「人生がうまくいく」と説いてます。

なぜなら一気にモノを片づけると「モノと向き合うことになるから」です。すると、「自分はこんなにモノを抱えていたのか!」と意識が変わります。

そして捨てるという「決断」です。

 

これまで自分の人生において停滞させていた「モノ」

それを一気に捨てます。徹底的に捨てます。するともう捨てるものがなくなるので片付けが終わります。

そのあとが「収納」です。

 

まずは「モノ」を一気に出しましょう。全部です。ベッドの上や別の部屋に全部まとめて出します。

HDDの中を整理するときは、別の外付けHDDやUSBに移して捨てたりします。この時クラウド上のファイルは一旦ローカル上に移して空っぽにします。

 

え? でも「捨てられない?」

「これは取っておかないと心配?」

「モノ」を通して自分と向き合うと今まで気がつかなかったこと、そして「心配」が出て来るんですね。それは自分のあるモノが変わるチャンス。

 

後編に続く→実はアスペルガーに必要なのは「捨てること」そして「片づけること」だった!【後編】