Advertisement

今の状態を直視しやり抜く やり抜く人の9つの習慣 その6

Lifehack

 

やり抜く人の9つの習慣には目標を達成するための9つの方法論が書かれています。

 

その5はこちら

失敗を重ねて成長する やり抜く人の9つの習慣 その5
やり抜く人の9つの習慣には目標を達成するための9つの方法論が書かれています。 その4はこちら 第5章では「成長すること」について語っている。 成功するには「今の自分ができると思う以上のことを目指す」こと。 実は多...

 

何ごとにもやり抜く力は大切なものです。

これまでも書いてきたように成功するには努力すること、正しい戦略を立てること、詳細なプランを立てること、あきらめないこと

さらにこれらが生まれつきの素質とは関係ないことを述べてきました。

 

Advertisement

やり抜く力とは自分を拡張すること

 

前回と似たような話になりますが、詳細にいきます。

 

目標にぶち当たったときに続けられる人とそうでない人の違いがある。

固定的な考え(固定的知能観)と拡張的な考え(拡張的知能観)だ。

 

前者の人はうまくいかないと自分の能力のせいだ、親のせいだ、社会のせいだと自分以外に原因を探します。

一方後者は努力不足だった、方法を間違えた、計画を見直そうと自分の中に原因を探ります。

 

さらに厄介なのが前者には自分に対して不安を持っているため、成功しても「自分が?」と不安になってしまいます。

アスペルガーの私も仕事でうまくいっても半信半疑な気持ちがありました。

これも自分自身の思い込みが原因なのです。

 

自分には無理だと思わずに今の自分はまだ成長中だと思うだけでかなり違います。

パソコンの拡張スロットにボードを足せば新しい機能が使えるように、拡張的な考え1つでやり抜く力を発揮できるのです。

 

Lifehack
Advertisement

プログラマーです。メインはWEB作成をやってます。
生まれも育ちもアスペルガー。心屋仁之助さんの前者後者理論を実践しています。
プロフィール詳細はこちらから

ARMDroidをフォローする
ARMDroidをフォローする
Advertisement
ARMDroid BLOG