誰もが秘めている「才能」を開花し大好きなことを実現しよう Let's Share and Creation!

90年代の文房具界を熱くしたヒーロー「エスパークス」は何故打ち切りになってしまったのか?

Advertisement

 

80年代後半から90年代前半にかけて文房具界に君臨していたヒーローをご存知ですか?

 

x_03

 

そう! 「エスパークス」です!

 

ノートにストーリー付きのコミックが付いた当時では画期的な文房具でした。

ノートの他にも缶ペンケースや消しゴムなど様々なグッズが存在し、後期はメディア展開(TVゲームやお菓子など様々なサプライズ)も行われました。

 

mygoods

 

2009年には復刊ドットコムより今までのシリーズを集めた単行本がリリースされたのも記憶に新しいと思います。

 

 

Advertisement

90年代の文房具界を熱くしたヒーロー「エスパークス」は何故打ち切りになってしまったのか?

 

 

ところでエスパークスっていつ完結したか覚えていますか?

 

実はこの作品、1995年に不可解な終わり方をしてしまっているのです。

smilyinfo03

 

上記の画像はネットの画像掲示板で拾った当時存在したファンクラブの会員に送られたペーパーです。

 

なんとこの作品は95年に不可解な打ち切りで終わってしまったんですね。

でも普通作品が終わるのであれば「次回で最後にしよう」な感じで完結編が制作されるはずです。

 

 

なぜこのような形で終わってしまったのか? 

 

ウィキペディアを見てもあまり詳しく書かれていないどころか意味不明な書かれ方をされています。

 

サンエックスは第10弾を区切りにする予定だったが、第9弾のラストから新たな展開を作り出し、なおかつ第10弾のみで完結させるストーリーは不可能と征矢浩志(ソッピー君)が判断し、結局9弾が最後になった[要出典]。

エスパークス – Wikipedia

 

 こんな状態なので復刊しても何だかモヤモヤしたものが残った状態になってしまっているのが現状です。

 

 

しかし、復刊ドットコムより発売した単行本の初回限定盤に付属の小冊子に収録されているインタビューにその謎を解く鍵が隠されていることが改めて読むことで判りました。

可能な限り紐解いてみましょう。

 

 IMG_20141109_135305

 

 

シリーズが展開して有名になるにつれて外から訪れる魔の手

 

まずエスパークスはシリーズが後半になるにつれて人気が高まってきます。

するとサンエックス以外からもグッズなどが出るようになりました。

 

いわゆるメディアミックス(死語)というやつですね。

 

 

玩具メーカーですと現在のタカラトミーやバンダイ。

お菓子だとロッテ。

出版ですと小学館などが関わっていたことが伺えます。

 

 

征矢:取材はそれくらいだったんですけど、後は玩具メーカーさんとか、食品メーカーさんとか、小学館以外の出版社さんもいらっしゃいましたね。文具関連じゃないところから話が来るようになったりしたときに「これは(様子が)違うかな?」って。ちょっとビビリました。

〜ESPARKS SPECIALBOOKLET 座談会 28ページより 

 

 

IMG_20141109_135353

 

 

左の単行本は小学館から発売されたシリーズを一応まとめた単行本。

右はコロコロに連載されたコミカライズです。

 

 

こうなってくると業界から様々な提案や要求が出てくるでしょう。「こんなグッズ出しましょう」とか「こんな展開をしましょう」とか…

 

当時のトミーからスーパーファミコンソフトとゲームボーイソフトがリリースされたのもその一環ではないかと思います。

 

 

クロダマン:残念だったのは「エスパークス」が終わってしまったのは、人気がなくなったから終わってしまったわけではなくて、いろいろなしがらみの中で止まってしまったというのがあって。

〜ESPARKS SPECIALBOOKLET 座談会 29ページより

 

 

このような状況になってくると作者やサンエックス側としては作品を自由に動かせなくなってしまいます。

第9弾ではあまりにアレな終わり方をしてしまっているのを今見ると当時の業界が持ついびつな構造を読むことが出来ます。

 

「自分の利権を守る為に、新しい技術(スタイル)を潰す。」そういう発想は本来、日本人は持ってはいないはず

 

 

結局エスパークスは後期におけるメディア化の波に揉まれた結果、これ以上続けることが困難となってしまった。

だから最終回を迎えることなく「打ち切り」という形で収束せざるを得なかったということなのではないでしょうか?

 

 

価値あるコンテンツを今日に活かせず眠らせたままにするのは余りにも残酷です

 

さて、今日でもエスパークスのことを思いだしていろいろ調べたりする人は多いようです。

現在復刊ドットコムから発売された単行本は初回限定盤はもとより通常版も大変入手困難となっていますが、2015年に電子書籍版がリリースされました。

 

Amazon kindle版

 

Apple iBook版

 

エスパークス スタンダード・エディション – サンエックス株式会社

 

楽天KOBO版

 

 

 

LINEスタンプもリリースされています。

 

エスパークスは当時のサンエックスを現在のリラックマなどの巨大コンテンツを作り上げるにまでに成長させた存在のはずです。

なのでもう少しエスパークスに対してサプライズを行うべきなのではないでしょうか?

 

どうも当時の尻切れトンボのような終わり方を後ろめたさに過去を未だに引きずっているように見えてしまうのです。

当時のグッズなどは今ならオンデマンドで簡単に作ることが出来ますし、ネットやスマートフォンなどを駆使したコンテンツでも十分楽しむことが出来ます。

 

今ならソーシャルゲーム化するのがイチバンでしょう。

ゲーム内容はパズドラみたいなもので構いませんが、様々なイラストレーターさんが描いたエスパークスなどのキャラクターが出てくればエスパークスを知らない方でも楽しむことが出来ますし、当時のファンでもそれで遊べるのはとても嬉しい。是非実現して欲しいですね。

 

 

今からでも遅くありません。応援しましょう!

 

 

エスパークスは現在オフィシャルサイトのほかにスタッフブログ、さらにMONSTOCKという所からソフビ人形も発売しているようです。

オフィシャルサイトには何故かメールフォームがないのですが、ブログの方にはコメント欄がありますので気になる方はコメント欄にメッセージやサンエックスにメールを送ってみるのも良いかと思います。

 

 

2017.5.5追記

 

閉鎖された公式サイトのドメイン「esparks.jp」がいわゆるドメイン乗っ取りにあっていたことが判明しました。

アダルトサイトなので上記のドメインにはアクセスしないようにご注意ください。

詳細はこちらから→閉鎖したエスパークス公式サイトのドメイン「esparks.jp」が乗っ取られて紛らわしいタイトルが付けられる

 

エスパークス公式さん(@esparks_official) • Instagram写真と動画

 

Advertisement
by
WEB作成とプログラマーをやってます。 生まれも育ちも "THE 後者 アスペルガー" です!
心屋仁之助さんの前者後者論を基に誰もが自分を最大限に発揮できる世界を日々実践しています。
プロフィール詳細はこちらから
Follow