誰もが秘めている「才能」を開花し大好きなことを実現しよう Let's Share and Creation!



多言語サイトの言語切り替えに国旗を使うべきではない理由

以前多言語サイトの作成をしたときにクライアントさんと言語ページの切り替え表記について話し合いました。その際、今後多言語サイトを作る時に覚えておくと便利な手法がありますので是非参考にしてみてください。

 

Advertisement

切り替え表示に「国旗」を使うと印象が悪くなる、その理由

 

従来、英語のページなら「星条旗(アメリカ)」「ユニオンフラッグ(イギリス)」もしくはサムネイル画像のような2つの国旗を割ったようなデザインが使われてきました。

しかし、今日では国旗を使わずに英語のページなら「English」日本語のページなら「日本語」インドネシア語のページなら「Bahasa Indonesia」ドイツ語なら「Deutsch」という感じでその国の言語表記で表す方が印象が良くなるそうです。

その理由の一つとして、言語はその国を問わず世界中のあらゆるところで使われており、言語=国ではなくなっているからです。

 

英語だけで6種類以上もある!

 

サムネイル画像の国旗のように英語がアメリカやイギリスだけだと思ったら大間違いで、アメリカ英語・イギリス英語のほかにもオーストラリア英語、カナダ英語、インド英語、ニュージーランド英語、シンガポール英語などたくさん存在します。英語=アメリカorイギリスではないのです。

 

他にもスペイン語、ドイツ語、フランス語、中国語にだって様々な種類や使用国があります。日本語で言うところの各地域で使われる方言と同じです。

それらを考慮するとそれぞれの言語ページの表記を国旗で表す意味が無くなっていることが判ると思います。

 

切り替えをプルダウンで作るとこんな感じでしょうか?

 

 

Bahasa Indonesia
Brezhoneg
Català
Čeština
Deutsch
English
Español
Français
Italiano
Magyar
Norsk
Nederlands
Polski
Português
Pусский
Ślōnskŏ gŏdka
Tiếng Việt
日本語
简化字
繁体字
한국어

 

多言語サイトを作成する時に、そのサイトはどんな人たちに見てもらうサイトなのかを考えるだけでも自然と国旗を使わず言語で表せるようにできると思います。

 

Recommend
No articles