Advertisement

私が日本のロボットアニメ作品を好きになれない理由

Lifehack

 

 

8月にトランスフォーマーを観て来ました。
いつ観てもこのシリーズの迫力には驚かされますね。本物を超えた映像美には思わず涙が出てしまうほどです。

 

 

ところで私は小さい頃からあまりガンダムのようなロボットアニメをほとんど見ません。今も見たいとは思わないです。

 

何故でしょうか?

 

 

Advertisement

私が日本のロボット作品を好きになれない・ならない理由

 

小さい頃はコミックボンボンなどでガンダムの漫画を読んだりしてたことがあります。

 

しかしそれらは大体がSDガンダムといったガンダム自体がキャラクターになった作品でした。

逆に本家の機動戦士ガンダムなどは「何だこりゃ」となってしまい見ようという気になれませんでした。

 

 

さらに追い打ちをかけたのが、中高生の頃に見たワーナーのアニメ映画「アイアンジャイアント」

遠い宇宙から来た謎の巨大ロボットと少年が出会う。今見ても素晴らしい名作アニメです。

 

 

 

この作品に何故私が夢中になったのか?

 

おそらく小さい頃から自分の頭の中に「日本のアニメはなぜ大きなロボットに乗って戦うんだろう?」という疑問が出来上がっていたのかもしれません。

 

 

 

ロボットは操縦するものじゃない。ロボットはロボットそのものだ!

 

 

私の中にはロボットは人が乗って操縦するものではなく「ロボット自体が意思を持っている」という考えができあがっているのでしょう。

 

なので人が乗って操縦するロボットといったらパトレイバーのような重機サイズのものが自然に思い浮かぶんです。

ゲームセンターにあるSEGAのボーダーブレイクなんかもそうですね。

 

 

ゆえにガンダムやエヴァンゲリオンを見ていつも「ロボットに乗って戦う」というシチュエーションにものすごく違和感を感じます。

 

 

「ロボットに乗る意味あるのか?」って

 

 

「パシフィックリム」みたいに極端な内容ならまだ分かるのですが、日本のロボット作品の場合まずそこにロボットありきで物語が進むので「???」となってしまうのです。

 

 

 

日本のアニメに「ロボット」は必要ない

 

 

最もここ最近制作されたロボットアニメ作品を観ても「これ別にロボット登場しなくてもいいよね?」というものがたくさんありました。

ガンダム系は言うまでもなく「輪廻のラグランジェ」や「キャプテン・アース」などなど。

 

特に前者はロボットと千葉の鴨川という企画前提で作られたような内容でストーリーに色々と無理を感じました。

 

 

日本古来の思想から考えても違和感がすごく出てくる

 

japan-530347_1280

 

ちょっとここで日本古来の神道から考えて見ましょう。

 

日本には古来より「八百万の神」という思想があります。

 

海の神、山の神、~の神々と想像を超える巨大なものに対して恐れ敬い祈ります。

 

その思想から考えると何故「巨大なロボット」に対して「それ自体が独立したもの」ではなく「人が乗って操縦する」となってしまうのか。

私には理解できないのです。

 

日本の作品が「ロボットは操縦するもの」に対し海外では「ロボットはロボット」という認識の違いについて、私は文化の違いではないと思います。

 

おそらく玩具屋の事情などが大きいのではないでしょうか。

 

 

ひとつの作品に外の企業が寄って集るとどうなるかはこちらの記事に書きましたのでご覧ください。

 

90年代の文房具界を熱くしたヒーロー「エスパークス」は何故打ち切りになってしまったのか?
80年代後半から90年代前半にかけて文房具界に君臨していたヒーローをご存知ですか? そう! 「エスパークス」です! ノートにストーリー付きのコミックが付いた当時では画期的な文房具でした。 ...

 

 

しかし最近はトランスフォーマーやファイアボール(作者が日本人)のような作品も受け入れられるようになっているのはうれしいですね。

少し立ち止まって「そもそもロボットって何だっけ?」と考えてみるのもいいんじゃないかと思います。

 

Lifehack
Advertisement

プログラマーです。メインはWEB作成をやってます。
生まれも育ちもアスペルガー。心屋仁之助さんの前者後者理論を実践しています。
プロフィール詳細はこちらから

ARMDroidをフォローする
ARMDroidをフォローする
Advertisement
ARMDroid BLOG