誰もが秘めている「才能」を開花し大好きなことを実現しよう Let's Share and Creation!

「質より量より更新頻度 by 立花岳志」がなぜブログ更新に大事なのか? 解説します

Advertisement

 

ブログで大切なのは質の良い記事をたくさん書くこと。

 

と世間一般では言われている。

 

しかしプロフェッショナルブロガーno second lifeを運営している立花岳志さんはブログの習慣化に対して質より量より更新頻度というセオリーを掲げている。

 

周回遅れ人生からの大逆転のキーワードは「質より量より更新頻度!」高速更新でごぼう抜きを目指せ!! 〜 立花はいかにして「好きなことだけして食っている人」になったのか?歴史を語ろう 第5回

 

ブログを継続して習慣化するコツは「質より量より更新頻度」

 

最初この質より量より更新頻度にどうもピンと来なかったのだ。それもそのはず。頭の中には最初に書いた企図が当たり前のように居座っていたから。

でも昨年末から毎日1記事を目標に書くことで少しづつ頻度を上げてみると意外と書けることがわかった。

 

立花さんは「最初はとにかく1行日記でもいいから更新すること」で「毎日更新」を定着することをすすめている。

でも多くの人はまだこの質より量より更新頻度に対して胡散臭く思ってるのではないだろうか?

 

これを自分にも納得できる形で解釈してみました。

 

Advertisement

ブログ記事の質より大事なこと

 

質の良い記事を言って最初に思い付くのははてなブログだ。自分もプログラマーなのでお世話になることがある。

 

でも質の良い記事を作るのは大変だ。たくさんの下調べをした状態で書かなければならない。

これだといつまでたっても手は動かないし更新もおぼつかなくなる。

 

それにあまりにも質にこだわると偏った内容になったり、書いた記事によっては月日が経ったら更新しなければならない。

質の良い記事を更新するとなると大変だ。だからいつでも更新できるようにするのが大事なのではないか?

 

1記事の文章量が大事?

 

アフィリエイト系やトレンドブログ(話題のカテゴリーや特定キーワードを解説するブログのこと)などのノウハウにあるが、文章の量を多くしてGoogleに拾ってもらえるようにするという方法がある。

確かに文章量が多ければその分質の良い記事と認識されるかもしれないし、豊富な情報量も評価されるかもしれない。

 

だが文章量を多くしようとするために余計な内容を書いたりして読む人をゲンナリさせているのも事実だ。

事実トレンドブログ系にはそのような内容が多く、長ったるい記事を読まされて最後のオチにガッカリという経験をした方も多いだろう。

 

大切なのは重要なことを簡潔に伝えるかだ。論文の書き方などにもあるが、結論は最初に持ってきた方が良い。

 

質より量より更新頻度!

 

ブログなんて最初は何を書いて良いのかわからないのは当たり前だ。

自分もそれを理解するのにとても時間がかかった。

だから最初はなんでもいいからとにかく更新。これに尽きる。

 

最初から長文のブログを毎日更新することは大変です。

短い記事で良いので、まずは「量産体制」を作り、それが「当たり前」の状況を構築しましょう。

更新することが当たり前になってから、質や量を上げたり、内容にこだわったりすることは、実はそれほど難しいことではありません。

ブログを継続して習慣化するコツは「質より量より更新頻度」 | No Second Life

 

まずは自分のブログにエンジンをかけてみることから始めてみましょう。

 

Advertisement
by
WEB作成とプログラマーをやってます。 生まれも育ちも "THE 後者 アスペルガー" です!
心屋仁之助さんの前者後者論を基に誰もが自分を最大限に発揮できる世界を日々実践しています。
プロフィール詳細はこちらから
Follow