誰もが秘めている「才能」を開花し大好きなことを実現しよう Let's Share and Creation!



アスペルガーは時代の最先端だ。もっと自信を持て!

 

はい、断言します。

アスペルガーは最先端です。

それを理解できない親や学校や社会は遅れていると言っても良いでしょう。

 

 

Advertisement

既存の枠からはみ出した人が新しいシステムを創る

 

いつの時代も新しいモノや思想は異端者から生み出されてきました。レオナルド・ダヴィンチ、ガリレオ・ガリレイ、スティーブ・ジョブズ…

従来の価値観に適応できない故にそこからはみ出してしまうのは、新しい価値観を生まれ持っているということなのです。

つまり、「最先端の萌芽」が芽生えているということだ。

 

それは大多数と比べてどこかが「おかしい」のではなく、「違い」に過ぎないのです。

動物・植物の遺伝学から見ても少数が生み出されるのは自然の摂理です。

メンデルの法則 – Wikipedia

 

私も高校生の頃は学校をサボっては秋葉原ばかり行ってました。

「外の世界」に出ることで自分の素質を形成していたのだと断言できます。

もし、無理して既存に適応していたら発狂か自殺でもしていたでしょう。

 

激動の時代を切り開くカギを持つということ

 

現在は怒涛のごとく物ごとが変わっていきます。パソコン・インターネットの登場で一気にそれが加速しました。

日本に限らずどこの世界にも多数派と少数派がいます。私たちのようなアスペルガーはその2割の中に入るでしょう。

当然その先に待ち受けるのは困難の連続。しかし今はそれを容易に知ることもできているので早くからそれに適応した環境に入ることも可能です。

 

彼らは、システムの頂点にいるものとしての飾りを打ち捨て、身軽な姿で、乙でも自分自身をリセットできる状態にしていたと言えるだろう。

いつの時代も主流からは天才は生まれない。主流から外れて新たなものを創る。そこに困難があるのは当然である。

「天才を生んだ孤独な少年期」より

 

だからこそアスペは自分の好きなことに集中して取り組んだり本を読んで吸収して実践する必要があるのだ。

私がこうしてブログを書いているのも10代の多くの最先端たちの手助けをするためでもある。

 

自らの「最先端」を活かすために「自分軸」を持とう。そして新しい「環境」を作ろう。

 

自己啓発書をたくさん読んで自分軸を作ろう

アスペルガーが自分軸を持てるようになるまで