誰もが秘めている「才能」を開花し大好きなことを実現しよう Let's Share and Creation!

androidのバッテリー消費の原因はGoogleの同期設定だった

By: Robert Scoble

Advertisement

 

私が愛用しているandroidのセキュリティアプリAMC Securityを使っていたら思わぬ発見がありましたので紹介します。

 

AMC Securityにはバッテリーを節約する機能があり、この機能を私は全然使っていませんでした。

 

つい最近ふとその機能を立ち上げて初期設定で適用すると、普段よりもバッテリーの持ちがよくなっていることに気が付きました。

 

ところが、ブラウザ版GoogleChromeでブックマークを追加したのにスマホ版のChromeには追加したブックマークが入ってないのでChromeの設定を調べると同期が無効になっていたんです。

 

Advertisement

Googleの同期機能はバッテリー消費の元凶だった

 

設定から電池にあるバッテリー消費のグラフを確認すると、同期無効時はバッテリーが安定していることが判ります。

 

ところが同期をONにした途端にバッテリーがどんどん下がっています。

 

さらにまた同期を無効&バックグラウンド抑制アプリGoogleDatallyも立ち上げると前回より一層安定していることが判ります。

 

アプリなしでもGoogle同期を無効にできてバッテリー消費を抑制できます

 

私の例だとAMCSecurityのバッテリー節約機能で同期を無効にしていますが、アプリなしでもGoogleなどの同期を無効にすることができます。

 

設定からアカウントを選択してGoogleを選びます。

 

 

チェックをすべて外しましょう。

 

 

Chromeアプリの設定を見てみましょう。同期が無効になりました。

 

 

同期が無効になっているときは、デスクトップのChromeなどで追加したブックマークなどが更新されませんので更新する際は先ほどの設定から同期をONにします。

 

 

 

AMC Securityだとワンタッチで同期をOFFにできます

 

AMC Securityならセキュリティチェックのほかにも上記のバッテリー節約機能など様々な機能が搭載されています。

有料版ならフィッシング詐欺防止やWEBガードなどのすべての機能が使えて2018年現在、1年間1017円の定期購入となっています。

 

 

AMC Security- クリーン&高速化
AMC Security- クリーン&高速化
無料
posted with アプリーチ
Advertisement
by
WEB作成とプログラマーをやってます。 生まれも育ちも "THE 後者 アスペルガー" です!
心屋仁之助さんの前者後者論を基に誰もが自分を最大限に発揮できる世界を日々実践しています。
プロフィール詳細はこちらから
Follow